ブルーベリー

1日にどれくらいのブルーベリーを食べればいいのか?

ブルーベリーが目や体によい影響を与えるためには、毎日10粒ほど食べることが必要になります。庭で採ったブルーベリーをそのまま食べるのもいいですし、料理に入れて召し上がるのもよいでしょう。できるだけ毎日続けることが大事なのです。

健康にいいブルーベリー料理

スムージー

他の果物や野菜も一緒にミキサーでかき混ぜて飲むスムージーで、健康快適生活が約束されます。スムージーに甘みが加わるので、飲みやすいものが作れますね。バナナやリンゴなど、ブルーベリーと組み合わせて美味しくなるフルーツと一緒に混ぜてみましょう。朝はブルーベリーのスムージーを飲まないと始まらないという人もたくさんいます。

ヨーグルト

新鮮なブルーベリーであれば、洗ってからそのままヨーグルトに入れて美味しく食べることができます。健康にも美容にもとても効果があるレシピですね。

ブルーベリーソース

バルサミコ酢などをブルーベリーのジャムに加えれば、立派なブルーベリーソースのできあがりです。肉にブルーベリーソースをかければ美味しくいつもと変わった味を楽しむことができます。お肉をヘルシーに食べることができますね。肉を鶏の胸肉など脂肪が少ない部位にすれば、あっさりとしてさらに健康な料理になります。脂肪分が気になるという方も、このレシピなら大丈夫です。また、ブルーベリーソースは肉だけでなく、淡白な味の白身魚と組み合わせても絶品です。いろいろな料理でブルーベリーソースを試してみましょう。

ブルーベリー煮込み

ジャガイモやサツマイモなどをブルーベリーで煮込むという料理です。イモ類がとても甘酸っぱくいただけます。おかずとしてもデザートとしても、入れる具次第でさまざまな工夫ができます。サツマイモを入れれば食物繊維、ビタミンCも効率よくとることができます。ブルーベリーの量を控えればあまり甘くない煮込みもできますので、自分の好みの煮込みを作ってみてください。

ブルーベリーと健康

果実

目のトラブルにはブルーベリー

ブルーベリーが目に与える効果は古くから知られていました。ブルーベリーの持つアントシアニンという成分が、目の機能を回復させるロドプシンの働きを助け、眼精疲労やその他の目のトラブルや病気を予防してくれるのです。年配の方から、デスクワークが忙しい若い人まで、しっかり摂取したいですね。このサイトをきっかけに、ブルーベリーの育て方を知り、目の健康を保ちましょう。

血液の流れをよくしてくれるブルーベリー

ブルーベリーには血液をサラサラにする効果もあります。ブルーベリーに含まれるアントシアニンには抗酸化作用があり、血流によい影響を与えてくれるのです。アントシアニンには活性酸素を取り除くという効能もあります。アントシアニンはまさに万能の栄養素ですね。

若返りのフルーツ、ブルーベリー

ブルーベリーには血液をサラサラにする効果があるといいましたが、血液の流れが改善されることで、肌の状態がとても良くなります。また、抗酸化作用に優れているので、アルツハイマーの予防にもなります。ブルーベリーは美容も健康も助けてくれるのですね。

広告募集中